HOME>教育費の貯め方

お金がなくても教育費をラクに貯める5つの方法

お金がなくても教育費をラクに貯める5つのポイント

「教育費にまわせるお金がない」と感じていませんか?

子育ての悩みランキングでも1位は「子育ての出費がかさむ」で、お金の心配をしている人が多くいます。
(参照:子育ての悩みランキング 1位は子育ての費用)

しかし、ちょっとした工夫で、お金がなくても、収入が低くても教育費を楽に貯める方法があります。

シングルマザーで低収入のサイト管理人が、5つの方法を伝授します。

1.児童手当は、全額貯める(運用する)

子どもがいればもらえる「児童手当」は、手を付けずに全額貯めれば合計約200万になります。
生活費に組み込まず、「教育費」として貯める仕組みも紹介します。

2.保険は入らずに、貯める(運用する)

医療技術が発達した現代、60歳未満の死亡率はたった0.5%ですよ。
保険は全く必要ありません!
保険に入らず、その保険料分は貯めて、運用に回しましょう。

3.通信費を削減して、貯める(運用する)

子供のスマホ使用はいいことなんて一つもありません。

余計にお金がかかるという経済的デメリット以外にも、スマホの使用が成績を下げることが分かっています。
もし、子供にスマホを持たせるなら1時間以内とルールを決めるほか、通信量を制限してコストを下げるのもおすすです。

もちろん、格安スマホに乗り換えておくことを忘れてはいけません!何もしなくても年間5万以上貯められます。
家族が多いなら15万の差が出ることも!通信費の見直しは必須です。

4.子供の習い事・塾は予算を決める

子供に良い教育をさせたい!と思う親心はすばらしい!
ただし、子供の習い事や塾に際限なくお金を使っていてはキリがありません。予算を決めて将来の教育費に備えましょう。

5.教育費を上手に運用して増やす

上記の1から4までの方法で捻出した教育費を元手に上手に運用することがポイント。
自分の性格やタイプに合った方法なら、ストレスなく楽に貯めて、それを増やせるんです。


コスパ子育てサイトについて

サイトについて

小学生と中学生の娘二人を持つシングルマザーの管理人が運営しております。
「お金をかけなくても、教育はできる!」をモットーに、安くてコスパのいい教育を実践しています。
お金持ち向けのサイトではありませんが、私が実践している方法や知識が少しでも役に立てばと思います。

詳しくは、こちら