HOME>目標教育費

【小学校編】公立と私立の教育費はいくら?最大700万差

【小学校編】公立と私立の教育費

教育費は「私立」か「公立」どちらに通うかによって大きく差が出ます。

小学校の場合、6年間で最大700万円の差になることも!

文部科学省の「平成28年度子供の学習費調査」より、公立小学校と私立小学校に通わせた場合の教育費を紹介します。

下記で紹介する教育費の内訳を基にして、教育費が自動計算できます
→→→教育費計算機

小学校の教育費の比較

下記は、小学校の教育費(年間)を「公立」と「私立」別に抜き出したものです。

公立と私立の差額は驚くことに、最大700万にもなります!!

【小学校】公立と私立の教育費の比較(円) 文部科学省 平成28年度子供の学習費調査

700万ですよ!700万!!

「私立に通うか?」だけでなく、習い事代や塾代のこともよく考えて選択しなければ、将来自分たちの老後資金に影響することになります。

小学校にかかる教育費 1年間で約80万の差に

公立小学校 1年間10万円

下記は、公立小学校の学校教育費の内訳です。

1年間で約10万円ですので、月額で8千円ほどかかる計算です。

公立小学校ですので授業料や教科書は無償ですが、教材費がかかってきます。

漢字ドリルや数学のワーク、植物を育てるキットや、絵の具、鍵盤ハーモニカ・・・等々、結構色々なものを揃えるように学校から言わます。
学校から徴収される学用品もあれば、各家庭で揃える学用品もあります。

しかし、1年間にかかる学校教育費は公立幼稚園よりも安く、一番の貯めどきです。

  • 図書・学用品・実習材料費等 19,049円
  • 通学関係費         17,574円
  • 学校納付金等        10,135円
  • 修学旅行・遠足・見学費     6,738円
  • 教科外活動費         2,714円
  • その他            3,833円
  • 給食費            44,441円

  • 学校教育費 合計       104,484円

私立小学校 1年間90万円

下記は、私立小学校の学校教育費の内訳です。

1年間で約90万円ですので、月額で7.5万円ほどかかる計算です。

公立小学校と比べると、約9倍の金額になります。

私立は授業料が無償ではありませんので、当然高額になります。 (あくまで平均値ですので、学校によってはもっと高額になることも考えられます。)

特に「通学関係費」は、学校までの距離によって大きく違いますので注意したい点です。

小学校から私立に通わせるということは、期間も6年間と長いので公立との差は大きく「学校教育費」だけでも約500万です。(驚

  • 授業料  461,194円
  • 学校納付金等        226,022円
  • 通学関係費         89,317円
  • 修学旅行・遠足・見学費     41,797円
  • 図書・学用品・実習材料費等 30,923円
  • 教科外活動費        12,512円
  • その他            8,643円
  • 給食費            44,807円

  • 学校教育費 合計       915,215円

小学校の習い事は厳選すべし!

【小学校編】習い事費用

下記は、小学生の習い事や塾などの学校外活動費を抜き出したものです。

公立小学校の子供でも年間約20万の費用を習い事や塾に費やしていることが分かります。

私立小学校に通う子は、その2倍以上の57万円です。

学校の授業料の他にも、習い事や塾に多額の教育費がかかるということです。 私立小学校に通わせるには、経済的にそれなりの覚悟と余裕が必要ですね。

小学校の学校外活動費(年間・円)
区分 公立 私立
家庭学習費 14,831 45,336
塾代 56,864 221,534
習い事代 134,813 308,163
合計 206,508 575,033
1年間の差額 368,525
6年間の差額 2,211,150

公立小学生でも毎月1万円以上の習い事

公立小学生の学校外活動費を見てみましょう。

年間で134,813円で、月額1万円以上の出費になっています。

金額から推測すると、2つ以上の習い事をしている子が多数であるということです。

学校にかかるお金と合わせて、月額約2万円になる計算です。

高額ではありませんが、習い事費用を削減するだけで6年間で80万の節約になります。

中学からは塾に通う子も多くなり、塾代も高額になってくることを考えれば、子供の小学校と幼稚園の間が一番の貯め時!

習い事を1つ減らすだけでも、将来の教育費を貯めるのに有利です。
小学生時は習い事を厳選して、教育費を貯めることを最優先にしましょう。

【参照データ】文部科学省 平成28年度子供の学習費調査


コスパ子育てサイトについて

サイトについて

小学生と中学生の娘二人を持つシングルマザーの管理人が運営しております。
「お金をかけなくても、教育はできる!」をモットーに、安くてコスパのいい教育を実践しています。
お金持ち向けのサイトではありませんが、私が実践している方法や知識が少しでも役に立てばと思います。

詳しくは、こちら