HOME>目標教育費

【中学校編】公立と私立の教育費はいくら?最大250万差

【中学校編】公立と私立の教育費

教育費は「私立」か「公立」どちらに通うかによって大きく差が出ます。

中学校の場合、3年間で最大250万円の差になることも!

文部科学省の「平成28年度子供の学習費調査」より、公立中学校と私立中学校に通わせた場合の教育費を紹介します。

下記で紹介する教育費の内訳を基にして、教育費が自動計算できます
→→→教育費計算機

中学校の教育費の比較

下記は、中学校の教育費(年間)を「公立」と「私立」別に抜き出したものです。

公立と私立の差額は、最大250万になります。

【中学校】公立と私立の教育費の比較(円) 文部科学省 平成28年度子供の学習費調査

しかし、中学に入ると小学校と違い学校以外でかかる教育費に差はほとんどなくなります。

中学に入ると公立の子どもたちの塾代も高額になっているのです。

純粋に私立中学の授業料などの学校にかかる教育費の差額が、教育費の差額となっていることが分かります。

中学校にかかる教育費 1年間で約80万の差に

公立中学校 1年間18万円

下記は、公立中学校の学校教育費の内訳です。

1年間で約18万円ですので、月額で1.5万円ほどかかる計算です。

公立中学校ですので授業料は無償ですが、地域によっては交通費が高くなっているようです。

都会ですと公立中学は徒歩圏内なので通学関係費は不要なのでトータル金額は下がりますね。

しかし、中学で気をつけたいのが「教科外活動費」です。
小学生の時は3000円ほどだったものが、中学になると10倍以上の31,319円に増えます。

これは、クラブ活動にかかる費用で、どの部活に入るかによっても大きく左右されます。

例えば、ユニフォームやスパイクシューズや大会の交通費などにかかるお金です。
全国大会に出るような強豪クラブに入ると、大会遠征費に交通費だけで数万円徴収される(!)こともあります。

我が家の娘が通う中学のブラスバンド部は全国大会に出る強豪校で、全国大会出場の月は3万以上徴収されて頭がいたいと親御さんは嘆いていました。

クラブを選ぶ際は、お金のこともよく考えておく必要があります。

入る部活によっては、下記のような金額では済まない場合もあります。

  • 通学関係費         35,914円
  • 教科外活動費        31,319円
  • 修学旅行・遠足・見学費     25,038円
  • 図書・学用品・実習材料費等  23,839円
  • 学校納付金等         13,994円
  • その他            3,536円
  • 給食費            43,730円

  • 学校教育費 合計       177,484円

私立中学校 1年間100万円

下記は、私立中学校の学校教育費の内訳です。

1年間で約100万円ですので、月額で8.3万円ほどかかる計算です。

公立中学校と比べると、約5.5倍の金額になります。

私立は授業料が無償ではありませんので、当然高額になります。 (あくまで平均値ですので、学校によってはもっと高額になることも考えられます。)

私立中学も公立中学と同じく「教科外活動費」が高くなっています。

加入する部活にもよりますが、クラブ活動に関する費用も公立よりは高くなります。

  • 授業料  425,251円
  • 学校納付金等        261,545円
  • 通学関係費         135,961円
  • 修学旅行・遠足・見学費     74,169円
  • 教科外活動費        57,008円
  • 図書・学用品・実習材料費等 37,689円
  • その他            5,812円
  • 給食費            8,566円

  • 学校教育費 合計       1,006,001円

中学3年生の塾代は、3年間で60万に

【小学校編】習い事費用

下記は、中学生の習い事や塾などの学校外活動費を抜き出したものです。

公立中学校の子供でも年間約30万の費用を習い事や塾に費やしていることが分かります。

しかも、塾代に関しては私立よりも公立のほうが高くなっています。

中学校の学校外活動費(年間・円)
区分 公立 私立
家庭学習費 14347 29804
塾代 202498 143694
習い事代 61620 116820
合計 278,465 290,318
1年間の差額 11,853
3年間の差額 35,559

中学3年制で塾代が最大化!年間30万

下記は、塾代だけを学年別の平均で抜き出したものです。

公立中学生では、3年時の塾代が他の学年の約3倍になるほど最大化しています。

高校受験前の3年生では季節講習や教科を増やす子が増えるためだと考えられます。

私立中学生と比べても2倍で、月謝は3万円弱と驚くほど高額になります。

塾がベストな選択肢とは思えませんが、親心としては「少しでも良い高校に」ということなのでしょう。

中学ではこのように教育費が高額になってくることがあらかじめデータから分かっています。

子供が中学になって後悔しないように、幼稚園・小学校のときに教育費をきちんと貯めておくことが必要ですね。

中学校の学年別の塾代平均(円)

区分 公立 私立
1年生 117,795 120,384
2年生 162,548 140,492
3年生 322,386 170,346
3年間合計 602,729 431,222

【参照データ】文部科学省 平成28年度子供の学習費調査


コスパ子育てサイトについて

サイトについて

小学生と中学生の娘二人を持つシングルマザーの管理人が運営しております。
「お金をかけなくても、教育はできる!」をモットーに、安くてコスパのいい教育を実践しています。
お金持ち向けのサイトではありませんが、私が実践している方法や知識が少しでも役に立てばと思います。

詳しくは、こちら