HOME>目標教育費

収入が多い家庭ほど注意!50%が教育費を準備できていない

教育費を貯められていない家庭

大学では授業料の他にもかかるお金がありますし、一人暮らしなら生活費も高額になります。
(参照:一人暮らしの大学生の必要生活費は4年間で480万円(月額10万円)

50%の学生が奨学金を借りており、高収入の家庭ほど教育費が貯められていない事がわかりました。

奨学金を借りている学生は約50%

下記は、大学昼間部の学生の奨学金受給状況(%)です。 驚くことに学生の2人に1人、50%の割合で奨学金を受給していることが分かります。

下記は平均値ですが、私立大学では49.7%、学費が安い国公立でも43.8%の学生が奨学金を受給しています。

半数の家庭が、大学までの教育費を十分に準備できないということです。

奨学金の受給状況【大学昼間部】

高収入でも、大学までの教育費を準備できていない

では、奨学金を借りているのは、経済的に苦しい「貧困層」の家庭ばかりなのでしょうか?

家庭の収入別で受給状況を調べてみると、驚くことが分かりました。

下記は、奨学金を受けている学生(昼間部)の家庭の年間収入との割合です。

奨学金を受給している家庭は、年間収入が300万以下の「貧困層」や中間層(300~600万)だけではなく、富裕層(600万以上)もいるということなんです。

家庭の年間収入(円) 割合(%)
200万未満 7.8
200~300万 7.9
300~400万 10.0
400~500万 11.2
500~600万 11.9
600~700万 12.0
700~800万 11.8
800~900万 9.3
900~1000万 6.8
1000万以上 11.3

分かりやすいように収入格差別にグラフにしたのもが下記です。

奨学金を受給している家庭の半数以上の51.2%が、富裕層(600万以上)だという結果になっています。

もちろん、大学まで進学している学生は「富裕層」の家庭の割合が高いことを考えると、比率としてはおかしくはありません。

しかし、問題なのは「高収入であっても、我が子のための教育費が準備できていない」ということなのです。

奨学金の受給状況【収入格差別】

収入から考えれば、大学の授業料や子供の生活費等は、準備できない金額ではありません。

それに、富裕層の場合は早い段階で「子どもの大学進学」を予定しているはずです。

それでも、子供の進学時には準備できていない。

収入が高いからと安心せず、計画的に教育費を貯める必要があるということですね。

【参照データ】


コスパ子育てサイトについて

サイトについて

小学生と中学生の娘二人を持つシングルマザーの管理人が運営しております。
「お金をかけなくても、教育はできる!」をモットーに、安くてコスパのいい教育を実践しています。
お金持ち向けのサイトではありませんが、私が実践している方法や知識が少しでも役に立てばと思います。

詳しくは、こちら