HOME>目標教育費

一人暮らしの大学生の必要生活費は4年間で480万円(月額10万円)

大学生が授業料以外にかかる必要生活費

一人暮らししながら大学に通わせる場合、授業料以外の生活費の負担も考えておく必要があります。

毎月の必要生活費は、平均月額10万円で4年間で480万円になります。

授業料の教育費の計算はこちら→→→教育費計算機

大学生活で必要な生活費とは?

授業料以外で、大学生活で必要になる生活費の内訳です。

授業料以外にも、学校納付金や教科書代も必要になってきます。

その他の学校納付金
入学時の納付金を除くもの
修学費
教科書、図書代、文具購入費等
課外活動費
サークル活動費、自治会活動など
通学費
通学にかかる交通費
食費
食事にかかる費用(自宅通学者は外食費)
住居費・光熱費
家賃と水道光熱費(自宅通学者は0円)
保健衛生費
診察代、薬代、理容美容代など
娯楽・嗜好費
娯楽、レジャーにかかる費用など
その他の日常費
その他にかかっている生活費

一人暮らしの大学生活で必要な生活費は、月額10万円

国立大学の場合 月額10万円

下記は、国立大学生の居住形態別・学生生活費(年間)の内訳(大学昼間部)です。(円)

自宅通学生の場合は、「住居費」はかからない分、「通学費」が高くなっていることが分かります。

下宿、アパート等で一人暮らしする大学生の場合は、やはり「食費」「住居・光熱費」が高くなります。

自宅通学生と比べると、年間で約65万円(月額5.5万)高くなります。

どちらにしても、一人暮らしをする場合は授業料の他に年間で約65万円の上乗せを覚悟する必要があります。

国立大学生の必要生活費

私立大学の場合 月額11.5万円

下記は、私立大学生の居住形態別・学生生活費(年間)の内訳(大学昼間部)です。(円)

私立大学生の必要生活費は、1.5万円高くなり、月額11.5万円になります。

生活で贅沢している様子はなく、生活費自体は国立大学生と変わりません。

しかし、私立大学の場合は、入学時以外にかかる「その他の学校納付金」が高額担っている分、生活費が高くなっていることが原因です。

私立大学で一人暮らしをする場合は、授業料の他にも更に負担が増えることを覚悟しておきましょう。

私立大学生の必要生活費

【参照データ】


コスパ子育てサイトについて

サイトについて

小学生と中学生の娘二人を持つシングルマザーの管理人が運営しております。
「お金をかけなくても、教育はできる!」をモットーに、安くてコスパのいい教育を実践しています。
お金持ち向けのサイトではありませんが、私が実践している方法や知識が少しでも役に立てばと思います。

詳しくは、こちら